• TOP >
  • 質問と回答

Q & A 差し歯に関する質問と回答

 質問と回答その1>  質問と回答その2>   質問と回答その3> 

前歯の一本だけが出っ歯になっていてとなりの歯と重なった状態です。この一本の歯を引っ込ませたいんですが、この場合どのような矯正がありますか?
あまりお金がないので、重なってる所を削って差し歯で治すという方法を考えていますがどうでしょうか?
前歯の歯並びを治す方法は差し歯または歯列矯正が適応されます。
差し歯で治す場合、歯並びの状態により突出している歯またはその両サイドを含めた歯(1~3本)の治療が必要となり、期間は1~3ヶ月となります。治療費については使用する材料により大きく異なってきます。
また、歯を削らないで歯並びをととのえる歯列矯正も選択肢の一つとなりますが、上だけの部分矯正が可能な場合には6ヶ月~1年、上下全体の矯正では2~3年の期間となります。費用は上下で80~100万円、部分矯正でその半分くらいが相場となっております。

ウメダデンタルクリニック 山本治

大学生で差し歯にする人はいるんでしょうか?
もちろん大学生で差し歯の方はたくさんいらっしゃいます。
例えば転んで前歯が欠けたり、大きな虫歯になったりすると、神経を処置して差 し歯を被せる必要がでてきます。
差し歯の種類は、素材の違いによりたくさんありますが、大学生だけでなく、高 校生や中学生で差し歯を入れている方も大勢いらっしゃいます。
大学生で差し歯にされる方の大半は、期間的な問題を重要視されており、「歯並 びを歯列矯正ではなく、差し歯(セラミックスクラウン)で短期間に治したい」 とのご要望を多く耳にします。
就職を迎え、装置を長く装着する時間がないのが現状なのでしょう。

ウメダデンタルクリニック 山本治

差し歯を入れた部分の歯ぐきが黒くなってきました。治す方法がありますか? また差し歯の自然な色にしたいのですが?
歯ぐきが黒くなる原因として。差し歯の金属によるアレルギー、差し歯の適合不良、手入れ不足などが考えられます。一度黒くなった歯ぐきはていていの場合はもどには戻りませんので、歯ぐきを処置した後、差し歯を作り替えることになります。そこで美しく自然な歯にするためには、まずレベルの高い技術と美的感覚を備えた歯科医を探し出すことです。そしてよく相談し、納得できる治療法を選ぶことが、最も良い結果につながるはずです。また、治療法としては、セラモメタルクラウン法、もしくはオールセラミッククラウン法になりますが、歯ぐきへの負担や透明感などで、より完璧を望むのであれば、オールセラミッククラウン法が良いでしょう。

ウメダデンタルクリニック 山本治

右の奥に銀のクラウンがあります。歯ぐきが黒くなる原因として。差し歯の金属によるアレルギー、差し歯の適合不良、手入れ不足などが考えられます。一度黒くなった歯ぐきはていていの場合はもどには戻りませんので、歯ぐきを処置した後、差し歯を作り替えることになります。そこで美しく自然な歯にするためには、まずレベルの高い技術と美的感覚を備えた歯科医を探し出すことです。そしてよく相談し、納得できる治療法を選ぶことが、最も良い結果につながるはずです。また、治療法としては、セラモメタルクラウン法、もしくはオールセラミッククラウン法になりますが、歯ぐきへの負担や透明感などで、より完璧を望むのであれば、オールセラミッククラウン法が良いでしょう。
奥歯が歯並びより外側にでているので、クラウンの爪?部分が見えてしまいます。笑うとキラキラして気になります。
目立たないようにする方法ありますでしょうか。それにかかる費用も教えて頂きたいです。
メタルクラウンの銀色を改善するには新たにセラミックのクラウンに入れ換える必要があります。 単純に交換するだけなら3~4回の通院で済み、費用は94.500円となります。
歯科で使用するクラウン(冠)は、大きく大別して金属とセラミックがあり、それぞれ特徴が違ってきます。
メタルクラウンは強度や耐久性に優れておりますが、審美的に劣ります。
全てを備えたクラウンがセラミッククラウンとなります。

ウメダデンタルクリニック 山本治

インプラント手術後、今は最終的に被せるオールセラミックの歯を仮止め中です。
先生が色はどうですか?と気にしてくださり、仮止めにするので少し使ってみてくださいとのことでした。色の修正は可能なのでしょうか?
今日仮止めしたばかりですが、やはり自宅に帰ってよく見てみると、あと少し白くしないと、となりの前歯と合わない感じがします。
修正というのは、また一から型をとり技工士さんに作り直してもらうのでしょうか? それとも、仮止めならすぐに外せるので、色の修正は一から作り直さなくてもできるのでしょうか?
インプラントの最終補綴である上部構造クラウン(セラミッククラウン)についてですが、仮止めの状態であれば修正は可能です。本来、仮止めをする目的は実際に使っていただいた上で機能面(正しく噛み合わせができているか)を確認し、また審美面(色調や形態)においても問題がないかを確かめるために行います。一つでも気になるところがあれば、気軽に担当医に申し出れば修正してくれるはずです。
色調修正の場合、型取りから行う必要はありませんが、修正に7~10日かかるのでその間は預けることになります。

ウメダデンタルクリニック 山本治

 差し歯 質問と回答その1>  差し歯 質問と回答その2>   差し歯 質問と回答その3>