• TOP >
  • 不安解消のためのポイント

差し歯治療 不安解消のためのポイント

サロンを選ぶように、歯科医を選ぶ

大きな治療をするには情報をたくさん集めて歯科医院を選びましょう

一生つきあっていく大事な歯だから、歯医者も病院と同じようにじっくりこだわって選びたいものです。歯科医院は年々増えていますが、それだけに医師の方針や考え方も多様になってきています。
「昔からずっと通っている歯医者にお任せしている」という人も多いようですが、いざ歯に問題が起きて大きな治療をしなければいけなくなった場合は、歯医者任せにせず自分で情報を集め、かかりつけの歯科医院以外にも目を向けるくらいの心構えは必要でしょう。
美容院やエステサロンだって、ネットや雑誌などで調べて、メニューや料金、お店の雰囲気などを吟味しますよね。「歯のエステ」も同じことです。むしろ、歯科医院は美容ではなく治療という「医療行為」を行うところ。サロン選び以上に、慎重になっても当然なのです。

定期健診やちょっとした処置はかかりつけの歯科医で、歯並びを直すには矯正治療に定評がある医院で、ホワイトニングを頼んだり見栄えが気になる場合は審美歯科で…など、目的によって歯科医院を使い分ける時代が来るかもしれませんね。

「よい歯医者」ってどんなもの?

良い歯医者の選び方

信頼のおける歯科医院を見分ける条件のひとつに、カウンセリングがきっちりしているかどうかということがあります。十分な説明をせず、患者が完全に納得しないまま治療を始めようとするところは要注意。たとえ内装や設備が高級でも、大々的に広告されていても、不信感を抱かせるようなところには任せないほうが無難です。
歯は顔の印象を決めるとても大切なパーツなので、当然その悩みもデリケートなもの。それに対して、真剣に相談に乗ってくれる歯医者が望ましいのです。治療の内容や結果についても、きちんと丁寧に説明してくれるところがよいでしょう。

そして、こちら側も「専門的なことになるから難しくて…」と思ってしまわず、自分の歯の状態や治療方法をある程度調べておくことも必要かもしれませんね。
十分なカウンセリングと検査、そしてアフターフォローもしっかりしているところであればベスト。術後数年間は、処置した部位にトラブルが起きると無料で対処してもらえたり、メンテナンスが無料になったりといったサービスを行っているところも多いのです。

また、もうひとつ考慮しなければならないのは歯科医との相性です。カウンセリングの段階で、「何となく嫌だな」と思ったら、ほかの医院を探すことを考えましょう。「この先生になら任せられる」と安心できることが、スムーズな治療のためには重要なポイントになることも覚えておきましょう。

気にかかる、医療費のこと

どうしてもシビアになるのが、治療にかかる費用のことではないでしょうか。「満足のいく治療を受けたいのはやまやまだけれど、保険外になると料金が高いし…」と足踏みしてしまうこともありますよね。
審美歯科は高いというイメージがあるかもしれませんが、一生ものの歯や輝く笑顔を手に入れるためには、素材や治療法にこだわった歯科医院を選ぶ必要があるのです。保険適用の差し歯で安く済ませても、2年~3年経つと問題が出てきて結局何度も治療や手直しに通わなければいけない…というのでは、手間も費用も余計にかかってしまいますよね。

その点、アフターケアがしっかりしていて持ちのよい自費の差し歯なら、値段に見合う価値はもちろんのこと、結局費用の面から考えてもお得だという見方もあります。特に、見えやすい部分の差し歯を入れる場合はクオリティが大切。パッと見て「差し歯だ」と分かるようなものでは、十分な治療がなされたとは言えませんし、キレイという観点から見ても適切ではありません。
「そうは言っても、一度にまとまったお金を用意できなくて…」という人もあきらめる必要はありません。ローン制度を採用している医院もありますし、専門医と相談して見えやすい部分にだけポイントを絞って治療し、費用を抑えることも可能です。きっとあなたをバックアップしてくれることでしょう。

医療費控除って?

医療費控除を計算

費用を抑えたいときにもうひとつ覚えておきたいのが、医療費控除という制度です。
医療費控除とは、年間の治療費が一定の金額を超えた場合に確定申告を行うと、所得税が免除される制度のこと。つまり、医療費がかさんだ分払う税金が少なくて済む、というものなのです。
計算方法は、

実際に支払った医療費竏瀦ロ険などで補填される金額竏驤€10万円
=控除を受けられる金額 (生命保険で支給される給付金など)

となります。本人だけでなく生計をともにしている家族も控除の対象となります。治療費に加え、通院時の公共交通機関の利用料金も医療費として含めることができます。
年度末の確定申告時に、その前年(1月1日縲鰀12月31日)にかかった医療費の領収書や明細、治療内容証明書などを用意し、給与所得の源泉徴収票などと一緒に提出します。

差し歯も控除の対象に

「保険が適用されないのに、医療として扱ってくれるの?」と思うかもしれませんが、治療目的であれば大丈夫。欠損した歯をそのままにして治療を受けなければ、ものを噛むなどの正常な身体機能を果たせなくなります。つまり、差し歯であれば控除対象になるのです。
美容目的のホワイトニングなどは適用されないこともありますが、審美歯科でもほとんど全ての処置は治療として扱われます。
こういった制度は、自分から手続きを行わなければメリットを得ることができません。知っているのと知らないのとでは大きく違うもの。ぜひトライしてみましょう。
直前になって慌てないように、医院では治療内容証明書、領収書を発行してもらい大切に保管しておきましょう。余裕がある間に、必要に応じて税務署へ問い合わせたり、相談してみるのもポイントです。