• TOP >
  • 動画 >
  • 差し歯による歯茎の黒ずみ

ovie 差し歯が原因で歯茎が黒くなる

ウメダデンタルクリニック院長Dr.山本のインタビュー動画

<概要>

保険内でつけられる一般的な差し歯(クラウン)には、中に金属が使われています。
差し歯というのは表面は白いですが、内面は「メタル金属」でできていて、その金属の成分の中にはニッケル等のあまり良くない金属も含まれています。
これは強度を増すために必要なものですが、唾液と反応してイオン化して、歯ぐきに悪影響を及ぼします。
最初のうちはいいのですが、数年たつと、この金属が原因で、笑った時に歯茎と歯の境目に見た目でわかる黒い線(黒ずみ)ができてしまいます。この黒ずみをブラックマージンといいます。

また、歯の神経がない方も歯茎と歯の境目が黒ずんできます。歯茎が痩せてくると歯の根っこが露出してきます。そもそも神経を処置されている方はその歯の神経から栄養分がいきませんので、少しずつ歯の根っこが黒ずんでくるのです。

この歯茎の黒ずみの改善策ですが、保険内の差し歯または神経をとった歯を全く金属を使用していないオールセラミッククラウンという差し歯に取り替えをします。
オールセラミッククラウンにも種類はいくつかありますが、どれも歯茎にはとてもやさしい素材で歯茎にほとんど影響がない以外にも、天然の歯と同じような自然な仕上がりにつくることができますので、笑っても差し歯だとはわかりません。

ブラックマージンの治療には差し歯を取り替えるという選択肢になりますので、歯茎が黒くなってからまた取り替えるということを考えると、最初は少し高めですが、最初からオールセラミッククラウンで治療しておく方がいいという選択肢もあります。 オールセラミッククラウンにすると歯茎に悪い影響はありません。特に前歯の場合は目立ってしまいますので、オールセラミッククラウンを選択される方が多いです。

解説:ウメダデンタルクリニック院長山本治