• TOP >
  • 治療の流れ

治療の流れ

実際に通院し、治療することになった場合の流れを見ていきましょう。

tep1 カウンセリング

治療方針、通院回数、料金などの説明を受けます。不安な点や疑問はしっかり伝え、十分にコミュニケーションをとることが大切です。納得いかない部分や話し足りないことがあれば、数回に分けて行ってもよいでしょう。

tep2 検査、方針確認

視診、触診やレントゲン検査など、歯の状態を詳しく調べます。その後、検査資料をもとに治療方針を固めていきます。最初のカウンセリング時よりも、さらに具体的な話が出ることになります。

tep3 虫歯治療、土台作成

歯の状態によっては、差し歯の作成に取り掛かる前に処置が必要なケースがあります。虫歯があればそれをきちんと治したり、歯の欠け方が著しい場合や虫歯の状態がひどいときは、神経処置をして歯の根っこに土台(コア)を入れます。
健康な状態の歯でなければ、その後の処置も進んでいきません。しっかり治療を受けましょう。

tep4 型を取る

治療が終わって土台も整えば、型取りに入ります。差し歯が、破損した部分にしっかりとかぶさるようにします。セラミッククラウンなら色合わせなども行われ、天然歯と見分けがつかないくらいの色調を実現することができます。

tep5 仮歯を入れる

型をもとに、技工士が1週間程度で差し歯を作成します。その間は、必要であれば仮歯を入れて過ごすことになります。歯がない状態でいることはありませんので、日常生活も支障なく送ることができます。

tep6 装着、アフターケア

出来上がった差し歯を装着します。場合によっては仮付けをして数日様子を見ることも。保険外の自費治療であれば、保証書が発行されたり、アフターメンテナンスを行っているところもあります。保障内容や期間の説明もきちんと受け、よく確認しておきましょう。