• TOP >
  • 美意識が高まる、歯のエステ

美意識が高まる、歯のハナシ

肌や髪と同じように、歯にもエステを

肌や髪と同じように、歯にもエステを

とびきりの笑顔からこぼれる、キレイな白い歯…女性なら誰しもが憧れるものですよね。清潔感のある笑顔のためには、もちろん肌や髪などの身だしなみがしっかりしていることが条件ですが、それと同じくらい大切な要素が歯なのです。
今やエステに通って肌を磨き、ヘッドスパやトリートメントで髪をケアするのは常識となりました。それとともに歯に対する意識も年々向上しているものの、「歯にもエステを」という考え方は、肌や髪に比べるとまだまだ浸透していないと言えるでしょう。

欧米と違い、日本人の歯への関心は低いと言われ続けてきました。アメリカなどでは、健康的で整った白い歯がステータスであるという認識が一般的です。しかし日本では、「虫歯になれば仕方なく歯医者へ行く」「自分や他人の歯がどのように見えているかは、あまり気にしたことがない」という人が依然として多いようです。

歯への意識を高めると、美が磨かれる

定期的な検診や、歯の黄ばみを取り除くホワイトニングなど、こまめなケアを行う人も増えてはきています。ただ、日々のお手入れが行き届かずに歯や歯ぐきにトラブルを抱えていたり、詰め物や差し歯が不自然になっていたり、大きく笑うと奥歯の金属が見えてしまう…んな人は、実はとても多いのではないでしょうか。
あるいは、「ここの歯はカッコ悪いから直したいとは思っているけれど、なかなか勇気が出ない、どんな風に直せばいいのか想像がつかない」というケースもあるでしょう。

歯に対する意識を見直せば、きっと自分の歯並びや口の中の状態が気になってくるはず。トラブルを直すための、具体的な解決策も探ろうという気持ちになるでしょう。そこで当サイトは、「キレイな歯になって笑顔にもっと自信をつけたい」「キレイな歯になるための知識や方法が知りたい」という思いに応えるコンテンツをご用意しました。
肌や髪と同じように、歯もピカピカになるために…大人のマナーと言ってもよい歯のケアを、今日からあなたの中でも常識にしましょう。

笑顔はもっと素敵にデザインできる!

スマイルチェック

それでは素敵な笑顔とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。いくら一生懸命メイクをして髪型を整えても、にっこり笑った口元から覗く歯に問題があっては台無しです。そこで、鏡の前で笑顔を作り、自分自身で“マイルチェック”をしてみてください。

好感の持たれる笑顔のひとつの指針として、「スマイルライン」というものがあります。
にっこり笑ったときにできる口元と歯のカーブが一致し、ゆるやかに弧を描いている状態が理想的とされています。口角が上がっていると若々しい印象を与えますよね。

もちろんこれはあくまで理想ですので、個々によって最適なラインは若干ずれることもあるでしょう。神経質になりすぎず、自分の笑顔がどんな状態かを知るための手がかりにしてください。

そして、素敵な笑顔に必要な歯の条件は、以下のとおりです。

  • (1)療跡などの変色や茶色い汚れがなく、適度に白い歯である。
  • (2)歯と歯の間に隙間がなく、歯並びがきれいに整っている。
  • (3)欠けたり欠損している歯がなく、大きさ、長さも適当である。
  • (4)大きく笑ったときに治療跡の金属が見えない。また、歯ぐきは適度に見えている。

いかがでしょうか?改めて自分の歯をよく見てみると、意外にトラブルを多く抱えていることに気付くかもしれません。また、上記の条件を満たせないために、つねづね自分の笑顔に自信が持てなかった人もいるでしょう。
でもあきらめてしまう必要はありません。専門医による治療をきちんと受ければ、これらはすべて改善することができます。トラブルに応じた治療法は、たとえば以下のとおりです。

  • (1)なら…クリーニング、ラミネートベニア(歯の表面を削り、陶材を接着させる)など
  • (2)なら…セラミッククラウン(差し歯)、歯列矯正、ラミネートベニアなど
  • (3)なら…セラミッククラウン、ラミネートベニア、インプラント(人口歯根)など
  • (4)なら…セラミッククラウン、歯列矯正など

まずは自分の歯に、笑顔に興味を持つこと。そして歯のトラブルや悩みを導き出してみましょう。
歯並びが悪くても、キレイな白い歯でなくてもあきらめないで。イキイキとした素敵な笑顔はあなた自身でデザインし、変えられる時代です。歯の健康と美しさを手に入れて、心身ともにキレイになりましょう!

歯の「キレイ願望」を叶えてくれる審美歯科

大人気ないけれど、痛そうで怖いから歯医者は苦手…」「キレイな歯を手に入れたいけれど、どこの歯医者に行けばいいのかわからない」そんな人も多いのではないでしょうか。
まず意識しなければいけないのは、「歯のエステをするなら、審美歯科に行く」ということです。あなたがこれまで通っていたかかりつけの歯医者は審美歯科でしょうか?
もし保険治療の範囲内でトラブルを処理する医院であれば、金属の詰め物や差し歯が当たり前、見栄えは二の次…ということにもなるのです。
でも、キレイを目指すなら、歯の健康はもちろんのこと、見え方や美しさといった審美性にもこだわった専門医を選ぶ必要があるのです。一生つきあっていく自分の歯だから、しっかりとケアしてあげたいですよね。