• TOP >
  • セラミッククラウンの種類と費用

セラミッククラウンの種類と費用

セラミッククラウンは以下のような種類に分けられます。費用がかかったり、年齢とともに歯ぐきが下がることでクラウンと歯ぐきの境目が目えるようになる恐れもありますが、いずれの種類も保険内治療の差し歯と比べると見栄えのよさは一目瞭然です。

ハイブリッド

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られています。

料金およそ4~12万円
メリット自然な色に見え、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、アレルギーの心配もない。
硬すぎない材質なので、かみ合わせなどで触れる歯へのダメージも小さい。
デメリットオールセラミックに比べると色味の自然さはやや劣る。
割れたり、時間の経過とともに変色する恐れがある。

オールセラミック

材質全体がセラミック(陶材)でできているので、キレイさや仕上がりという点ではピカイチ。

料金およそ8~16万円
メリット見栄えがよく、変色の心配がほとんどない。
汚れもつきにくく、金属を使用しないためアレルギーも起こらない。
デメリット割れる恐れがある。
天然歯より硬いため、かみ合わせなどで触れる歯を痛める可能性がある。

メタルボンド(セラミッククラウン)

外から見える部分にのみセラミック(陶材)を貼り付け、中は金属を使用したもの。

料金およそ8~15万円
メリット見た目がよい。中身は金属なので割れにくく、幅広い部位に対応できる。
デメリット金属の種類によっては、アレルギー反応や変色が起こる可能性もある。
裏側からは金属が見える状態となり、表面もオールセラミックに比べると見劣りする。

ジルコニアセラミック

内面の金属部分にジルコニア(酸化ジルコニウム…強度のセラミック)を採用したもの。
人工ダイヤモンドとしても知られるジルコニアですが、それとは結晶構造が異なるものが歯科材料として使われています。他にも包丁をはじめ、スペースシャトルの断熱材、あるいは人工関節や骨の代替素材としても採用されています。
持ちがよく強度や安全性の高い素材として注目を集めており、光の透過性が高いので自然な透明感が得られるのも大きなポイント。金属の耐久性とセラミックのキレイさを兼ね備えている、非常にすぐれた素材です。

料金およそ10~20万円
メリット強度にすぐれ、破損を起こしにくい。
透明感と自然な色調が得られる。
金属を使用せず、また身体になじみやすい素材なのでアレルギーの心配が少ない。
デメリット歯を削る量が比較的多く、価格が高め。