• TOP >
  • 差し歯ケーススタディ >
  • 歯の変色

差し歯ケーススタディ

ase5 変色

歯が変色する原因はさまざまです。タバコのヤニやステインなどによる色素沈着はクリーニングでキレイにすることが可能ですが、抗生物質の摂取や神経を抜いたことによるものなど、ホワイトニングでは改善しないケースも多く見られます。

テトラサイクリン

テトラサイクリンの歯の写真

幼少期に抗生剤を服用した抗生剤の副作用と考えられているもの。茶褐色、あるいはグレー状のラインが入るのが特徴。

テトラサイクリンを差し歯で治療

斑状歯(ホワイトスポット)

斑状歯(ホワイトスポット)の歯の写真

長期間、フッ素を過剰摂取したことによって起こる。歯の表面にシミのようなものが現れ、のちに黄色や褐色の斑点ができる。14歳頃までに現れるのが特徴。
上記のような変色には、おもにラミネートベニア法で対処します。ラミネートベニアとは、歯の表面を0.5㎜程度薄く削り、セラミックを接着する方法です。

斑状歯(ホワイトスポット)を差し歯で治療

前歯1本をオールセラミッククラウンに

神経処置後の変色については、差し歯で改善するとキレイになります。「前歯が虫歯になって神経を抜いてしまったのだけれど、放っておいたら茶色く変色してきた…」そんなケースに威力を発揮します。
歯の色は個人の主観によるところもあるので、気になる人とそうでない人がいるかもしれませんが、悩んでいるならぜひ一度専門医に相談してみましょう。

前歯1本をオールセラミッククラウンに

当院のラミネートは自然な仕上がり

当院のラミネートは他院に比べて薄く色調も自然です。歯肉への入り方も違和感がありません。
不自然なラミネートべニアの交換も行っています。

当院のラミネート

ウメダデンタルクリニック 治療例 歯の変色を差し歯(セラミッククラウン、ラミネートベニア)で治療

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    上下合計12本のラミネートべニアに。テトラサイクリン変色歯は4段階に分類されます。濃い場合はホワイトニングより確実に白くなるラミネートべニアがおすすめです。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯16本をラミネートべニア、奥歯4本をセラミッククラウンに。テトラサイクリンの着色が強い場合はホワイトニングは効果が期待できないため、ラミネートべニアが確実です。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    テトラサイクリンによる歯の黒ずみ。切端咬合の部分はセラミッククラウンを、咬み合わせが問題ない部分はラミネートべニアを用いました。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    テトラサイクリンによる変色。
    ラミネートべニアは薄いため、色の強い歯の色をカバーするには下の色が透けないようある程度の厚みが必要です。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯6本をオールセラミッククラウン。
    良く見える前歯上下の範囲を希望されました。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    上下にラミネートべニア。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯4本をオールセラミックで治療。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    変色した2本をセラミッククラウンに。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    テトラサイクリンによる歯の黒ずみをラミネートべニア6本で修復。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    他院のラミネートべニア2枚のみ交換しました。
    形、厚み、歯ぐきへの入り方が不自然だったのを、自然に。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯の先端が欠けており軽度の着色があったのを、ラミネートべニア6本で修復しました。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    歯の色、歯の先端の形を直されたいということで、上下にラミネートべニアを。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    ホワイトスポットの症例。前歯2本をラミネートべニアに。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    上の前歯2本のホワイトスポットが気になるとのこと。ラミネートべニアできれいに。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯のホワイトスポットと虫歯の詰め物の変色をセラミックラミネートべニア4本で治療。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    ホワイトスポットは6ヶ月~5歳までの歯の発生期にフッ化物を過剰摂取すると生じます。ラミネートべニア2本で処置した例です。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯2本にラミネートべニア。エナメル質形成不全の一種である「ホワイトスポット」の兆候が出ています。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯2本をラミネートべニアに。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    前歯1本の変色+先端の欠けが気になり来院しました。その1本をラミネートべニアで修復。

  • 症例写真 変色した歯をセラミッククラウン・ラミネートベニアで治療

    ラミネートべニアを全体に。