• TOP >
  • 差し歯ケーススタディ >
  • 虫歯

差し歯ケーススタディ

ase1 虫歯

ひとくちに虫歯といっても、その状態はさまざまです。比較的経度で、限定された範囲内の治療であれば詰め物(インレー)で済みますが、広範囲に渡っていたり神経処置が必要な場合などは差し歯で処置します。
また、抗生物質や抗菌剤を混合させたものを虫歯の部分に詰めたり、オゾンを照射して虫歯菌を殺す方法もあります。歯を削る量や痛みが少ない新しい治療法ですが、この方法を採用している歯科医院は少なく、一般的ではありません。
詰め物でも差し歯でも、「キレイ」にこだわるならやはりセラミック素材のものがよいでしょう。前歯など目立つ箇所はもちろん、奥歯でも大きく笑ったときに治療跡の金属がキラリ…だと素敵な笑顔の魅力も半減してしまいますよね。
虫歯は日頃から予防できる病気ですし、早期に治療することで修復が可能です。「歯のエステ」をする感覚で、こまめに定期健診やクリーニングを受けて意識を高めておきたいものですね。

茶色く変色した箇所がいくつか見られますがそこは虫歯治療したレジン(保険素材)が変色した跡です。ラミネートベニア法かオールセラミッククラウン法で治療がおすすめです。

ウメダデンタルクリニック 治療例 虫歯を差し歯で治療

  • 差し歯治療症例写真

    虫歯の治療で変色した前歯2本をセラミッククラウンで。

  • 差し歯治療症例写真

    痛んだ前歯をセラミッククラウンに交換しました。

  • 差し歯治療症例写真

    歯ぐきの黒ずみ2本が気になり来院。
    セラミックの差し歯2本に交換し、自然な歯ぐきに。

  • 差し歯治療症例写真

    無髄歯による歯の変色です。
    神経を処置されてから、数年後に見られる症状です。

  • 差し歯治療症例写真

    1本だけをラミネートべニアでカバー。

  • 差し歯治療症例写真

    セラミッククラウン1本で治療。